栄養士のための栄養管理ソフト・特定保健指導支援ソフト/病院給食、高齢者施設、学校給食で活用されています

  1. ホーム
  2. 事業紹介

事業紹介

多様化・高度化・重要化する給食業務をトータルにサポート

株式会社タスは、「食と健康」をテーマに1982年に創業したコンピューターソフトのユニークな会社です。栄養バランスを考慮した個人向けの献立ソフトをはじめ糖尿患者用の特別メニューに対応するなど食に関する専門知識と女性の視点を活かしたコンピューターソフトのオリジナル商品を次々と開発。

その後、今日の主力商品である給食管理システム「献ダテマン」や栄養指導ソフト「栄指君」など、食にかかわる多面的なソフト開発・販売・サポート事業を展開、「食と健康」の視点からトータルに皆様にお手伝いしたいと考えます。

食と健康を専門家の立場から追求する、プロフェッショナルな集団

株式会社タスは、コンピュターソフト会社です。しかし、同業他社と大きく異なる点はスタッフが、「食と健康」にプロフェッショナルであること。給食業務を知り尽くした質の高いオリジナルソフトの開発、提供はもとより、ユーザー様がシステム導入後も、システムエンジニアや管理栄養士がキメ細かなサポート。

タスの専門性に根差した商品力の高さと強力なバックアップ体制が相乗効果を生み、大きな信頼を得る結果になっています。

既成概念にとらわれない、新しい企業形態を追求

今や、従業員数や組織の大きさで優劣を競う時代は過ぎ去りました。株式会社タスでは創業当初より誰もが保有する能力と働くことが可能な時間をいつでもどこでも投入できるフレキシブルな独自の企業形態を追及してきました。

今では在宅勤務やSOHOなどの新しいワークスタイルはもとより、主婦や身体障害者の方々も活躍するなど、個を大切にするしなやかな時代の新しい企業形態を精力的に実践しています。

食と健康の重要性が高まる中、ますます大きくなる社会的使命

食生活が健康に及ぼす影響は図りしれません。健康食品などに対する人々の関心が高まる反面、ファーストフードやインスタント食品への需要が伸びるばかり。若い人たちの嗜好も大きく様変わりしています。こうした食環境の変化の中で、子供のころから食を考えることは極めて重要であり、文部科学省でも学校給食を新たな教育の一環としてとらえようとしています。

一方本格的な高齢化社会に突入した今、病気を治すことよりも、食を柱とする生活習慣の改善によって如何に健康で長生きするかが社会的大命題になりつつあります。 こうした社会的背景を受け、株式会社タスでは、進歩して止まないコンピューター技術をいち早く取り入れながら、食と健康を目指す人たちにお役に立つソフトを提供することで、大きくなるばかりの社会的使命を懸命に果たしていきます。